スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

ガス代の節約

 電気に気をとらわれがちですが、ガス代も意外とかかっているものです。

とくに、毎日料理する一般家庭では欠かせませんよね、また、外食を控えて自宅で調理して食べること自体が節約になっているので、以外に見落としがちになってしまっているかもしれませんよ。


ガス代の節約術:


ガスを利用するときの基本は、できる限り中火で使用する事!

ガスは強火、弱火よりも中火の使用時が一番安上がりです。

もちろん全ての調理に中火を使え、といっているわけではありません、料理によっては弱火、強火も使い分けてください。

ただ、お湯を沸かすような場合などの、火力が影響しない物は中火を使うことで節約になります。

また、底の大きな鍋や、やかんを使うと、温まるスピードは速くなり節約につながります。
さらに、底の厚いもののほうがガス代節約になります。

底が厚いと熱が伝わりにくそうですが、一度熱を帯びれば熱が逃げにく、ガス代節約につながります。


お湯を沸かす、というと最近では電気ポットを利用する方のほうが多いのでしょうか?

この電気ポット、仮に一日3リットルお湯を沸かす場合一日30円程度の料金がかかるとのデーターがあります、もしこれを、ガスをでお湯を沸かした場合だと5円程度ですみます。

お湯はやかんとガスで沸かして、電気ポットで保存したほうが節約になります。


調理するときには落とし蓋(おとしぶた)

落としぶたは味をしみこませるためのものと思われがちですが、実は節約にもなります。

ふたをすれば、その分熱が逃げないので、煮物はもちろん、インスタントラーメンを作る場合なども、ふたをした方が早く茹で上がります。


圧力鍋

圧力鍋は、通常ならば何時間は掛かる煮込み系の料理でも数十分で作る事ができるので、かなりのガス料金の節約となります。
また、圧力鍋でないと中々作れない料理もありますので、節約だけではなく料理の幅を広げ、いつもと違う物を食べることもできるようになります。


お風呂

3人家族までの家族ならシャワーのみのほうが、湯船にお湯をためるより安く済むというデータがあります。

ただし、シャワーの時間が長くなっては意味がなくなってしまいます、シャワーは一分短縮すると年間数千円の節約になるとのデーターもあります、身体を洗う時にシャワーを止めるなどの工夫も必要です。

だからといって、寒い冬にシャワーだけというのはチョットやりすぎかもしれませんね、湯船にお湯を張る場合は、ふたをする事、これだけで節約になります、また落とし蓋のような中ぶたもありますのでこれも利用してみると良いでしょう。

   
category : 日常生活で出来る節約術とは? | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

   
category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

ガス代の節約 | 日常生活で出来る節約術とは?サイトトップへ