スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

ガス代の節約

 最近では、家での食事が見直され、ガス代を気にする方も多くなってきたのではないでしょうか?

料理などをするときに一番きを使って欲しいポイントは、ガスはできる限り中火で使用する事。

ガスは、強火、弱火よりも中火での使用が効率的です。

料理によって、強火、弱火を使い分けることはありますが、あまり火力調整を必要としないような、例えばお湯を沸かすような場合には中火を使うようにすることで節約になります。

お湯を沸かす、という点においても電気ポットで沸かすよりも、ガスで沸かしたほうがコストは抑えられます、昼間には誰も家にいない、などと言う場合には、電気ポットの使用を控えてみるとかなり節約になります。
さらに、電気ポットは沸かすときにかなりのコストがかかりますので、ガスで沸かして電気ポットで保温するなどの工夫も有効です。

また、ガスを使う調理器具、鍋、やかん等は、底の大きなもの方が効率よく温まるので節約になります。

圧力鍋を使うのも、節約術としてはかなり効果を期待できます。
圧力鍋ならば、通常で数時間は掛かる料理でも数十分で作る事ができますので、かなりのガス料金の節約となります。

   
category : 日常生活で出来る節約術とは? | comments(35) | trackbacks(0)
ページトップ▲

電気代の節約 冷蔵庫

 電気代の節約で、節約しやすいのは冷蔵庫ではないでしょうか?

冷蔵庫の節約、という、まず思い浮かぶのはドアの開閉時間と、回数を極力減らすことではないでしょうか
とくに、お子さんがいる家庭では冷蔵庫を開けっ放しにしない事や、頻繁に開けない事を教えてる事節約が可能となります。
中に入っていいて、飲食しても良いものを書いて貼っておくなどの工夫も有効です。

また、冷蔵庫内には満杯になるまで物を詰めないこと、これで庫内の空気の循環の悪化防ぎ、電気の消費量を減らす効果があります。
実はこの部分が、節約上手な人と苦手な人のもっと差がつく部分だそうです。

野菜の中には、冷蔵保存しなくても長持ちするものもあるので、これらを冷蔵庫外の冷暗所で保存することで、庫内に余裕を持たせることができます。

さらに、見逃しがちなポイント

冷蔵庫には温度設定があります、この温度設定を「弱」に設定する事で、ある程度の電気代が節約できます。
保冷温度を変えることで、消費期限が短くなるという事はありませんので、できるだけ弱めの設定しておく事をお勧めします。

   
category : 日常生活で出来る節約術とは? | comments(1) | trackbacks(0)
ページトップ▲

電気代の節約

 電気代は、普段から節約を心がけている人にとっては、なかなか目に見えて減らすことが出来ない部分です。

電気代の節約、といってまず思い浮かぶのが、使っていないときのコンセントを抜くこと、では無いでしょうか?

しかし、最近の省エネを意識したモデルでは、あまり効果は無いようです、だからといって、あまり使わないような機械類のコンセントを挿しっぱなしにするのは問題です、長期間使わないものとしては、エアコンなどが考えられます、エアコンは季節によっては長期間使わないことがあるので、使わない時期にはコンセントを抜いておくと良いでしょう。

エアコンに関しては、こまめなフィルターの掃除も必要です、2週間に1回程度の清掃を推奨しているようです。

また、エアコンの設定温度を1度変えることで10%節約になるといわれています、さらには、古い製品と、新しい製品ではかなり違いがあるようなので、10年以上前の製品を使っているという場合は、買い替えを検討してみると良いかもしれません。

   
category : 日常生活で出来る節約術とは? | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

食費の節約 2

 以外に食費として見落としがちなこと、ジュースや、コーヒー、お茶や水などを外で買っていませんか?

これらを出先などで買うことはとっても便利なのですが、コストパフォーマンス的にみるとかなり高いものとなってしまいます。

ただし、コレは絶対にこれらを買うな、と言うことではありませんよ

同じ商品を買うにしても、大型のペットボトルなら、小型のものと比べると半値以下で買える場合がほとんどです。

さらに、果汁入り飲料や、コーヒー牛乳などの場合は、紙パックの飲み物の方がさらにお得です、1リットルで100円程度で買えるものもいっぱいあります。また、味も子供にはペットボトル入りの飲料より好む場合があります。

さらに、節約を実践するのならば、お茶や水は水筒で持ち歩くこと

お茶は水出しのティーバッグを購入します、お茶といっても、緑茶、麦茶、ウーロン茶などバラエティーを出すことは可能です。

水も最近流行のウォーターサーバーや、浄水器などもありますが、スーパーなどで容器を借りることで無料でもらえるものや、低額で買えるものがありますので、これを利用すると美味しく、安全で安価な水が飲むことができます。

   
category : 日常生活で出来る節約術とは? | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

食費の節約

 「節約をしよう」と思ったときに、電気や、ガス代などを真っ先に思いつきますが、以外に出来る範囲は限られてきます。

日常生活の中で、最も節約の幅が調整できるのは食費ではないでしょうか。


まずは外食、外食の回数を減らしたり、グレードを落とすなどすることで、かなり食費がおさえられるのではないでしょうか。

ただし、楽しみや、息抜きとしている場合には、無理して節約するのは、ストレスが溜まってしまうので、クーポン券などを活用するなど、工夫してみるのも良いかもしれません。


食費の節約として、「食材の買出しには、お腹を空かせた状態で行かない!」ということが言われていますが、コレは以外に守られていないのではないのでしょうか?

空腹時に買い物に行くと、スーパーやデパートの試食コーナーや、揚げたて、焼きたての食欲をそそるようなニオイや、美味しそうな食べ物ががイッパイです。

匂いや、見た目につられて、ついそのコーナーへふらふら立ち寄ってしまい、買う予定のない食料品を買ってしまった、なんてことがよくありませんか?

この誘惑に勝つコツは、お腹いっぱいの時に買い物に行くことです。

これなら、満腹中枢が刺激される事もなく、誘惑に負けることも少なくなるのではないでしょうか

また、計画的に使える金額を決め、余分なお金をもって行かないというのも有効です。

クレジットカードのポイントを貯めるために、カードで買い物をする、と言うのも考え物です、カードでの買い物はついつい予算をオーバーしてしまうことが多くなってしまいますのでいっそうの注意が必要です。

さらに、毎日買い物に行くのも以外に無駄遣いの原因です、つい余計なものを買ってしまったり、交通費もかかったりします

数日間の献立を計画して、食材をウマく使いきれるようにするのも節約には有効です。

   
category : 日常生活で出来る節約術とは? | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

ガス代の節約

 電気に気をとらわれがちですが、ガス代も意外とかかっているものです。

とくに、毎日料理する一般家庭では欠かせませんよね、また、外食を控えて自宅で調理して食べること自体が節約になっているので、以外に見落としがちになってしまっているかもしれませんよ。


ガス代の節約術:


ガスを利用するときの基本は、できる限り中火で使用する事!

ガスは強火、弱火よりも中火の使用時が一番安上がりです。

もちろん全ての調理に中火を使え、といっているわけではありません、料理によっては弱火、強火も使い分けてください。

ただ、お湯を沸かすような場合などの、火力が影響しない物は中火を使うことで節約になります。

また、底の大きな鍋や、やかんを使うと、温まるスピードは速くなり節約につながります。
さらに、底の厚いもののほうがガス代節約になります。

底が厚いと熱が伝わりにくそうですが、一度熱を帯びれば熱が逃げにく、ガス代節約につながります。


お湯を沸かす、というと最近では電気ポットを利用する方のほうが多いのでしょうか?

この電気ポット、仮に一日3リットルお湯を沸かす場合一日30円程度の料金がかかるとのデーターがあります、もしこれを、ガスをでお湯を沸かした場合だと5円程度ですみます。

お湯はやかんとガスで沸かして、電気ポットで保存したほうが節約になります。


調理するときには落とし蓋(おとしぶた)

落としぶたは味をしみこませるためのものと思われがちですが、実は節約にもなります。

ふたをすれば、その分熱が逃げないので、煮物はもちろん、インスタントラーメンを作る場合なども、ふたをした方が早く茹で上がります。


圧力鍋

圧力鍋は、通常ならば何時間は掛かる煮込み系の料理でも数十分で作る事ができるので、かなりのガス料金の節約となります。
また、圧力鍋でないと中々作れない料理もありますので、節約だけではなく料理の幅を広げ、いつもと違う物を食べることもできるようになります。


お風呂

3人家族までの家族ならシャワーのみのほうが、湯船にお湯をためるより安く済むというデータがあります。

ただし、シャワーの時間が長くなっては意味がなくなってしまいます、シャワーは一分短縮すると年間数千円の節約になるとのデーターもあります、身体を洗う時にシャワーを止めるなどの工夫も必要です。

だからといって、寒い冬にシャワーだけというのはチョットやりすぎかもしれませんね、湯船にお湯を張る場合は、ふたをする事、これだけで節約になります、また落とし蓋のような中ぶたもありますのでこれも利用してみると良いでしょう。

   
category : 日常生活で出来る節約術とは? | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/1   
日常生活で出来る節約術とは? | 日常生活で出来る節約術とは?サイトトップへ